二つのコードが変える企業と投資家の関係

二つのコードが変える企業と投資家の関係

動画公開日 : 2022-11-01 16:55:15

2014年のスチュワードシップ・コード、2015年のコーポレートガバナン ス・コードの策定以来、上場企業と機関投資家の関係は大きく変わった。二つのコードの狙いは、企業価値向上、投資リターン向上、経済の好循環であったが具体的な進展はあったか。コーポレートガバナンス・コードの内容が機関投資家の議決権行使を変え、取締役選任議案等で反対票が増えているが、かえって上場企業の経営を委縮させることになってはいないか。客観的・包括的な検証を求める声が上がっている

出演者
大和総研 政策調査部 主席研究員
鈴木裕

関連レポート
「機関投資家と上場企業の関係を変えた『平成』時代」
https://www.dir.co.jp/report/research/capital-mkt/asset/20190411_30031.html

出演者等の見解は収録日時点のものであって、今後予告なく変更されることもあります。

#大和スペシャリストレポート
徹底したファンダメンタルズ分析に定評のある大和総研のリサーチャーが、話題のトピックスを独自の視点で解説します!
最新の情報を広く深く、動画版リサーチレポートは必見です!
▼大和スペシャリストレポートの動画一覧はこちら

▼大和総研のレポート・コラムを読みたい方はこちら
https://www.dir.co.jp/report/index.html

#ダイワインターネットTV
#大和証券グループ本社

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次